シエンタ(TOYOTA)VSフリード(HONDA)

bookmark

  シエンタ フリード
室内空間

◎

○

ボディカラー

◎

◎

足回り

○

○

安全性

◎

◎

燃費

○

△

他のライバル プレマシー(マツダ)/アイシス(トヨタ) プレマシー(マツダ)/ウィッシュ(トヨタ)


人気のコンパクトミニバン対決

ミニバンクラスの中でも比較的車体が小さい2台。
コンパクトサイズのミニバンの検討しているユーザーであれば、選択に悩むはずだ。
いずれも人気の高いモデルとして人気であるが、項目ごとに分析してそれぞれのメリットやデメリットを明確にしたい。
コンパクトサイズのミニバンの検討しているユーザーであれば、選択に悩むはずだ。購入検討中のユーザーの参考になれば嬉しい。

室内空間はフリードの方が広い

室内はホンダのフリードの方が広い。3列フルで利用した際も落ち着いて座ることができるだろう。
乗員からの支持は、フリードの方が高いと予想される。
一方、フリードの比較するとトヨタのシエンタは少し窮屈な印象だ。フリードより全長が100pコンパクトである仇が響いているのではないだろうか。

シエンタの採用しているシート自体は、体によくフィットするのでストレスがないが、やはり足元のスペースが限られている。あくまでミニバンだが車との一体感を求めるドライバーにはシエンタが良いのかもしれない。

ボディカラーはシエンタの方が多彩

フリードがブルーやホワイト、ブラックといった特定のカラーでブランドイメージを固めているのに対して、シエンタはレパートリーに富んだカラーバリエーションを展開している。ライトブルーやライトグリーンのカラーを採用するとどこかクラシックな雰囲気を醸し出す。
ボディのカラーを楽しみたいと思っているユーザーにはシエンタが向いているだろう。
また、ホワイトやブラックといったオーソドックスなカラーを採用すると都会的でスタイリッシュな顔を魅せる。

一方、フリードははっきりとしたブランドイメージが確立されてる反面、ボディカラーでの遊び要素は少ない。

シエンタの方が足まわり良いか

同じコンパクトミニバンという括りにあるが、シエンタの方がより小さくボディが収まっている。また、コーナリングの安定性やレスポンスの良さもシエンタが優れている。
全体的に走りもキビキビとした走りをするので、使い勝手は良いだろう。
一方、フリードはシエンタと比較するとボディが大きく重量もある。ただ、シエンタと比較すると直進安定性には優れており、長距離を前提とするならフリードを購入するのは良い選択だ。

安全性はほぼ同じ程度

シエンタには急ブレーキの際のエネルギーを分散する装置が、フリードには横滑り防止装置がそれぞれ標準装備さている。
その他、標準装備かメーカープションかという違いはあるもの、ほぼ同じ安全性を備えることができる。
ホンダのフリードの方が標準装備が少し多いのは、発売はトヨタのシエンタより遅いからだろう。

コンパクトさを追求するならシエンタ

ミニバンの中でもコンパクトさに焦点を絞ってクルマ選びをしたいなら、シエンタが優勢かもしれない。窮屈と言われるかもしれないが、法的に7人乗車できるという事実は大きい。
燃費も良く、車体価格も160万円程度とお手頃なのも嬉しい。
一方で、スペースにゆとりをもちたいと思うユーザーはフリードを購入するのが良いだろう。
ただし、室内空間を重視するならコンパクトミニバンの枠に囚われる必要はないかもしれない。

どちらを購入するにしても、乗り換え検討しているユーザーは、30万・40万と安く新車を購入する方法があるのでチェックすると良いだろう。